歯科医院が理解していない本当のコミュニケーションとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
eecd0b0599b187b0fbc0607ca5897fd9_s

売上1億円歯科医院プロデューサーの名古屋です。
あなたはコミュニケーションとは何か説明できますか?

もしも説明できないのであれば、
コミュニケーションが持つ本当の力を理解していない
のかもしれません。

コミュニケーションの基本は、「聴く」「話す」です。

でも、ただ聴いたり、話すだけでは
本当のコミュニケーションが起こっているとは言えません。
なぜなら、コミュニケーションとは・・・

コミュニケーションが引き起こすあること

たとえば、初診患者さんへの問診票ですが、
ただ質問して答えてもらうだけなら、
記入してもらうだけもことは足ります。

 

でも、本当のコミュニケーションとは、
聴いたり、話したりしたとに、
あることが引き起こされるものです。

 

そのあることとは、
・新たな気づきを得る

・新たな発見ができる

・新たな自分を見つけることができる

・悩みの本質を見つけることができる

・感情を抑えることができる

・直感を働かせることができる

・心の枠組みを変えることができる

・体を治癒することができる、etc

 

聴いたり、話をしたりするなかで
このようなことが起こるのがコミュニケーションです。

ですから、私はカウンセリング終了後、
スタッフに「何か感じた?」と質問します。

このようなことが
カウンセリングスタッフと患者さんの間に起こらなければ、
それはコミュニケーションが成り立たなかったことになります。

歯科医院に来院する患者さんは、
「歯が痛い」「しっかり噛めない」「歯の見栄えが悪い」など、
必ず悩みや問題があるはずです。

それをコミュニケーションを取りながら、
カウンセリングしていきます。

トリートメントコーディネーターは、この時、
「この患者さんは本当に困っているんだ。何とかしてあげたい」
という気持ちがわきあがります。

一方、患者さんは、
「本当に親身になって私のことを心配してくれている。
この歯科医院に来てよかった。ぜひ、治療をお願いしたい」
という気持ちが起こります。

ここから歯科医院への信頼関係が生まれるのです。

 

お互いの関係性が良くなった上で治療を始めるわけですから、
とうぜん治療もスムーズ進めることができます。

さらには、先生が提案した治療を
患者さんは快く受け入れてくれるようになります。

 

こうなると、
治療費が高い安いの問題ではなくなります。

だから、インプラント治療のような高額治療も
どんどん契約できるようになるのです。

 

コミュニケーションの重要性について
歯科医院で働く人たちはしっかり認識しておく必要があります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼日本歯科インプラント普及協会”無料会員”の申込みはこちらから
http://implant-net.org/freeentry/
ニュースレター無料DVDあと残り 31部

▼ゴールド会員に関心のある方はこちらから
http://implant-net.org/member/gold/

▼日本歯科インプラント普及協会普及協会 公式サイト
http://implant-net.org/index.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【当協会のビジョン】

100年後も歯科医業を光り輝く職業にする

【当協会のミッション】

売上1億円、1年間に100本以上のインプラントを
成約できる歯科医院を100件つくる!

【こんな歯科医院は当協会に参加してください】

★自由診療をもっと増やしたい歯科医院
★カウンセリングで何を話していいのかわからない歯科医院
★TCを育て、患者さんとのコミュニケーションをもっと深めていきたい歯科医院
★売上が頭打ちで何をしていいのかわからない歯科医院

 

 売上1億円歯科医院プロデューサー

     日本歯科インプラント普及協会
代表 名古屋 肇

 

※ 日本歯科インプラント普及協会へのお問い合わせはこちらから

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*