インプラント治療の成約数を100倍にした私の小冊子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
f9923a8a7cb073866ef778bb4b141af7_s

売上1億円歯科医院プロデューサーの名古屋です。

私がインプラント治療の数を急増できたのは、
自身で書いたインプラント治療の小冊子を既存患者に
ばらまいたことがキッカケです。

今でこそ私の名前はインプラント業界では知られる存在ですが、
実はインプラント治療を自院の患者さんにすすめても
まったく成約できなかった時期が10年以上ありました。

そんな私が小冊子を書いたことで
インプラント治療を成約できるようになり、
私の歯科医院の自費率を40%まで高めることができたのです。

そこで、今日は小冊子の書き方について説明します。

インプラント治療を成約する小冊子とは

 

私が小冊子を始めて書いたのは平成16年のことです。

私の理念やインプラントに対するる思いを
B5版、70ページにまとめました。

 

これをオファーにした広告を出して、
インプラントの成約数を100倍にしたのです。

いわゆる2ステップマーケティングというやつです。

これをきっかけに、私は(株)現代書林から「歯科経営集客の法則」
という本を出版することになりました。

 

では、私の小冊子には何が書かれているのか?
ということが気になりますよね。

実は、この中にはインプラントの説明はほとんど書かれていません。

 

書かれているのは、
「私が何を考え、治療しているのか?」
「インプラント治療をするようになった経緯」
「患者さんに対する思い」
などです。

 

いま巷には、インプラントをより分かりやすく「説明」するために、
漫画で描かれた小冊子も販売されています。

説明はわかりやすいのですが、ここには先生の理念がありません。

単に「説明」です。

だから、成約できないのです。

 

今、インプラント治療ができる歯科医院は山ほどあります。

ですから、患者さんは
「どこの歯科医院で治療を受けようか?」
「どの先生なら安心して治療を受けられるか?」
迷っている状態です。

 

単に説明を受けるだけなら、
「大差がないので値段が安い方がいい」
ということになりかねません。

患者さんはインプラント治療に対して素人です。

そのため、何を判断基準に選べばいいのかわかりません。

モノで選ぶことができないのですから、「人」で選んでもらうのです。

私たち歯科医は患者さんに対して自分が提供した治療について
しっかりとした約束をすべきです。

その約束とは、
自分が提供したインプラント治療が患者さんに
「何を提供できるのか?」
「提案を受け入れてくれたら何が手にはいるのか?」
「その保証は?」
などです。

これが「理念」です。

 

インプラント治療を成約できる小冊子の構成とは

 

書き方はワンパターンです。

 

問題提起 ⇒ 問題をさらに深刻化する ⇒ 解決策 ⇒
私がこれに気づいた理由 ⇒ 私の提案が正しい根拠 ⇒
見込み患者が感じている疑問や不安の払しょく

 

これを章立てして書いていきます。

ポイントはあくまでも説明ではなく、
あなた自身の考えや気持ちを書くことです。

 

小冊子の内容にあなた自身が見えてくれば、
見込み患者は行動に移ります。

単なる説明に終始した内容であれば、
他院で治療を受けることになるか、
保険治療を選ぶことになります。

 

ぜひ、あなたもあなたの理念が伝わる小冊子で、
患者さんにあなたの考えや気持ちを伝えてあげてください。

 

あなたの歯科医院もインプラント治療の成約が倍増し、
繁盛歯科医院に仲間入りできることを期待しています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼日本歯科インプラント普及協会”無料会員”の申込みはこちらから
http://implant-net.org/freeentry/
ニュースレター無料DVDあと残り 31部

▼ゴールド会員に関心のある方はこちらから
http://implant-net.org/member/gold/

▼日本歯科インプラント普及協会普及協会 公式サイト

http://implant-net.org/index.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【当協会のビジョン】

100年後も歯科医業を光り輝く職業にする

【当協会のミッション】

売上1億円、1年間に100本以上のインプラントを
成約できる歯科医院を100件つくる!

【こんな歯科医院は当協会に参加してください】

★自由診療をもっと増やしたい歯科医院
★カウンセリングで何を話していいのかわからない歯科医院
★TCを育て、患者さんとのコミュニケーションをもっと深めていきたい歯科医院
★売上が頭打ちで何をしていいのかわからない歯科医院

 

    売上1億円歯科医院プロデューサー

     日本歯科インプラント普及協会
代表 名古屋 肇

 

※ 日本歯科インプラント普及協会へのお問い合わせはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*