助成金の最高受給額は1歯科医院1,540万円!(3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
110677241ef999cd4294ca80d10f6f05_s

売上1億円歯科医院プロデューサーの名古屋です。

今回お話する

「最高受給額は1歯科医院1,540万円!(3)」は、
「最高受給額は1歯科医院1,540万円!(1)(2)」

の続編になります。

最高受給額は1歯科医院1,540万円!(1)(2)
と合わせてお読みになるとより理解できます。

「正規雇用等転換コース」を導入する

この制度では、

「有期社員→正規社員」にすると、一人につき60万円、
「有期社員→無期社員」にすると、一人につき20万円、
「無期社員→正規社員」にすると一人につき30万円

の助成金を受給することができます。

 

ですから、新規でスタッフを雇い、
6ヶ月間研修期間を有期社員として契約し、
その後正社員として6ヶ月間勤務を継続すると、
一人につき60万円の助成金を受給することができる
というわけです。

 

ここでいう「有期」という意味ですが、
私の歯科医院ではスタッフとの契約書に
1年更新の契約期間が書かれています。

お互いに問題がなければ、
自動更新ということで今までやってきました。

私はこれを正社員と認識していたのですが、
実はこれでは正社員とは認められないのです。

ですから、私の歯科医院では正社員だと思っていた
スタッフ全員が「有期社員」だったのです。

そのため、全員が「正規雇用等転換コース」の対象になる
ことがわかりました。

 

あなたの歯科医院ではスタッフとの“雇用契約書”が
どのようになっているのか確認してみてください。

もしかすると、私の医院のように
全員が「正規雇用等転換コース」に申請できる
可能性があるかもしれませんよ。

 

キャリアアップ助成金は、
同じ人に「人材育成コース」と「正社員転換コース」が
同時に申請可能です。

ですから、
歯科医院ではぜひとも取組みたい助成金です。
この2つだけでも先の研修プログラムをに適用すると、
1人につき、「28万円+60万円」で88万円の助成金を
受給できる可能性があります。

 

「健康管理制度」を導入する

 

これは、有期契約労働者等に対して
法定外の健康診断制度を導入する事業主に対して
助成するものです。

ここでいう法定外の健康診断とは、
私の歯科医院では毎年4月に健康診断を全スタッフに
受診させています。

これが法定内の健康診断になります。

ですから、この他に健康診断を受けてもらうことになります。

 

具体的には、
キャリアアップ計画書に記載されたキャリアアップ期間中に、
雇入時健康診断制度もしくは定期健康診断制度または
有期契約労働者 等を対象とする人間ドック制度や
生活習慣病予防検診制度の実施です。

 

この健康管理コースを実施することで40万円と
1医院につき4人までですが、
1人につき5万円の助成金を受け取ることができます

 

ですから、このコースでは60万円(40万円+20万円)
の助成金を受給できる可能性があります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

▼日本歯科インプラント普及協会”無料会員”の申込みはこちらから
http://implant-net.org/freeentry/
ニュースレター無料DVDあと残り 31部

▼ゴールド会員に関心のある方はこちらから
http://implant-net.org/member/gold/

▼日本歯科インプラント普及協会普及協会 公式サイト
http://implant-net.org/index.html

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【当協会のビジョン】

100年後も歯科医業を光り輝く職業にする

【当協会のミッション】

売上1億円、1年間に100本以上のインプラントを
成約できる歯科医院を100件つくる!

【こんな歯科医院は当協会に参加してください】

★自由診療をもっと増やしたい歯科医院
★カウンセリングで何を話していいのかわからない歯科医院
★TCを育て、患者さんとのコミュニケーションをもっと深めていきたい歯科医院
★売上が頭打ちで何をしていいのかわからない歯科医院

 

    売上1億円歯科医院プロデューサー

     日本歯科インプラント普及協会
代表 名古屋 肇

 

※ 日本歯科インプラント普及協会へのお問い合わせはこちらから

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*