患者満足度の高め方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
09f1b66072aad70b19f13e705dcba8ea_s

売上1億円歯科医院プロデューサーの名古屋です。

いま社会で起こっていることを歯科業界だけで考えると
理解しがたいことがよくあります。

その1つに患者満足度があります。

私が推奨している患者ニーズを引き出すカウンセリング法が、
なぜ、患者満足度を高められるのか?

その「理由」があるの本の中に書かれていたので
で紹介します。

その本とは・・・

歯科医師が変えるべき視点

 

その本とは、中嶋康博氏著作の「食の経済」(ドメス出版)です。

中嶋氏はこの中で食品経済の観点から消費の推移を詳説しています。

食べるものが少なかった時代、食は人の胃袋を満たすことが目的でした。

食が単に「胃袋を満たす時代」が過ぎると、
次は「舌で味わう時代」に入ります。

食はおいしくなければならない。

もっといろんなものを食べてみたいというものです。

この時代が満たされると、食は「頭で楽しむ時代」になってきています。

この食品の産地はどこか?どんな人が、どんな想いでつくったのか?

さらに、生産者は安全性の高い取り組みはおこなっているのか
評価の対象につながっています。

この流れを歯科業界で考えてみると次のように
考えることはできなでしょうか。

 

時代とともに変わる歯科医に対するニーズ

 

昭和30~40年代、まだまだ歯科医が不足していた頃、
「とにかく痛い歯を何とかしたい」というのが
初期の歯科医療の目的だったと思います。

次に、
「痛みをとり、何でもいいから歯を入れたい」から
「見た目もきれいにはを入れたい」という
患者ニーズが現われてきます。

それが現在では、単にきれいにというだけではなく、
歯を入れることは「単に食べるためにではなく、
心の満足をも求める」時代に入ってきています

こういう時代だからこそ、
求められているものを明確にすることが
大事になってくるのではないでしょうか。

それを満たすことが患者満足度を高める
ということです。

ここでもポイントは、
何か求めているものはあるが、それが明確になっていない
患者さんが多いことです。

ですから、この患者ニーズを一緒に見つける
カウンセリングが必要なのです。

その際、「質問」はとても強力な武器になります。

質問を使いこなし、
あなたの歯科医院でもお口の環境を改善することで
心の満足を提供できる歯科医院を目指してみませんか。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼日本歯科インプラント普及協会”無料会員”の申込みはこちらから

http://implant-net.org/freeentry/

ニュースレター無料DVDあと残り 31部

▼ゴールド会員に関心のある方はこちらから

http://implant-net.org/member/gold/

▼日本歯科インプラント普及協会普及協会 公式サイト

http://implant-net.org/index.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【当協会のビジョン】

100年後も歯科医業を光り輝く職業にする

【当協会のミッション】

売上1億円、1年間に100本以上のインプラントを
成約できる歯科医院を100件つくる!

【こんな歯科医院は当協会に参加してください】

★自費診療をもっと増やしたい歯科医院
★カウンセリングで何を話していいのかわからない歯科医院
★TCを育て、患者さんとのコミュニケーションをもっと深めていきたい歯科医院
★売上が頭打ちで何をしていいのかわからない歯科医院

 

売上1億円歯科医院プロデューサー

日本歯科インプラント普及協会

代表 名古屋 肇

 

※ 日本歯科インプラント普及協会へのお問い合わせはこちらから

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*