歯科医院で行うカウンセリングとは何をすることなのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ffc545acadc7527f7914dec17610ca9c_s

歯科医院で行われるべきカウンセリングとは
何をすべきか理解していない方が大勢します。

そのため、カウンセリングの場を
治療説明に終始してしまうことになっている
ようです。

では、なぜカウンセリングが治療説明になって
しまうのか?

また、カウンセリングとは何をすべきなのかに
ついて解説します。

歯科医院で行われるカウンセリングの目的とは?

 

カウンセリングとは何かを解説する前に
知っておいてほしいことがあります。

それは「人間は何のために行動するのか?」
ということです。

「人間は何のために行動するのか?」という質問自体が
何を言っているのかわかりにくですよね。

でも、この質問の答えを理解することが
カウンセリングをすべき理由がわかるのです。

人間は何のために行動するのか?

それは
「自分の悩みや問題・欲求を解決するため」
です。

 

たとえば、

・ごはんを食べる
・寝る
・遊びに行く
・買い物をする
・セミナーで勉強する
・海外旅行する

これら一つ一つが、その人の悩みや問題・欲求を
解決するための行動です。

これが理解できると、
世の中にある仕事というのは全てが、
「誰かの何かしらの悩み・問題・欲求」を
解決するために存在していることがわかるはずです。

 

そうであれば、
歯科医院が存在するする意味は
やはり、「誰かの何かしらの悩み・問題・欲求」を
解決するためにあるのです。

それが、お口に関係する悩みや問題・欲求、
というわけです。

これを理解できると、
「歯が痛いのを治すのが歯科医の仕事ではない」
ことがわかります。

 

歯が痛くて何が困るのか?

実は、これが来院した真の理由です。

歯が痛いのはあくまでも現状です。

この現状に対して困ることを聞き出すのが、
カウンセリングの目的です。

 

「悩み・問題」の本当の意味とは

 

前項でカウンセリングの目的は、
「現状に対して困っていることを聞き出すこと」
だと言いました。

では、「悩み」「問題」とは言葉で定義すると
一体どういうことでしょうか?

それは「現状」と「理想の状況」との差です。

 

実は、「現状と理想との差」こそ、
人間が抱える悩みや問題の本質なのです。

この悩み・問題の定義で明確になっていると、
現状の確認するだけでなく、
理想の状態がどういうものなのかを聞き出すことが
必要だとわかります。

 

歯科医院に来院する患者の主訴とは、
まさに現状のことです。

多くの歯科医は、患者の主訴だと言って
現状に対する処置をしようとします。

でも、患者が抱えている悩みや問題とは
現状に対する理想の状況との「差」です。

 

逆をいうと、
理想の状況を聞き出していないと
悩みや問題を明確になっていないので、
治療後の患者の満足感、納得感は薄いものと
なってしまいます。

 

自由診療を成約できないカウンセリングの特徴とは?

 

自由診療がなかなか決まらないカウンセリングの
特徴は現状しか聞き出せていないことです。

しかも、現状に対する対処を自由診療で
提案していることです。

 

前述したように人は誰でも皆、
潜在的な悩みや問題であれ、顕在化したものであれ、
悩みや問題を解決するために行動しています。

ですから、現状に対する対応では
その方法に興味・関心はなかなか持てません。

そのため、治療方法は大変良いものだとしても
患者は欲求を喚起されません。

なぜなら、現状に対する処置だからです。

 

でも、歯科医から提供された治療方法が
自分の重大な悩みや問題を解決できるもの
であると理解できたなら価格には問題なくなります。

お金と問題解決を天秤にかけ、
どちらが自分にとって価値があるのかを考えて
価格を考えるようになるからです。

だから、治療金額を提示する前に
これから提案する治療の価値を高めることが
大事なのです。

人は自由診療で提案される治療が欲しい
のでありません。

自分の悩みや問題を解決する方法が欲しい
だけです。

悩みや問題を解決するには、
まずは悩みや問題を明確にしなければなりません。

そのためには「現状」と「理想の状況」を聞き出し、
その差を歯科医と患者の両方が同じ認識を持つことが
必要です。

 

現状だけの対処療法は保険治療がほとんど。

でも、問題解決のために行う治療提案は
自由診療でも受け入れてもらえる可能性が高い。

自由診療を選択させることができる歯科医院と
保険治療しか選択してもらえない歯科医院の違いは
たったこれだけです。

 

歯科医院で行うカウンセリングのまとめ

 

・ カウンセリングとは患者の潜在的・顕在的な
  悩み・問題・欲求を明確にすること

・ 悩み・問題を定義すると、「現状と理想の状況との
  差」である

・ 人間の行動とは自分の悩み・問題・欲求を
  解決を追求したもの

・ 歯科医院が提供する治療は、お口に関する悩みや問題、
  欲求を解決するもの

・ 保険診療しか提供できない歯科医院は、
  現状に対する処置を行っている

・ 自由診療を提供できる歯科医院は、
  悩みや問題、欲求を解決する方法として治療方法を
  提案している

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*