費用対効果バツグン!ニュースレター活用法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
bef502d97bca77abb1cfae9fb32104d5_s

売上1億円歯科医院プロデューサーの名古屋です。

歯科業界が不況だ!と言われて久しいです。

確かに今、多くの歯科医院が
患者数の減少に頭を悩ませています。

そう言われながらも、
歯科業界の中でも売上をコンスタントに
増やし続けている歯科医院もあります。

一体、この差はどこにあるのでしょうか?

業績が悪いのと、立地や設備、治療技術は関係ない

 

実は、患者さんの少ない歯科医院が一番最初に考えるのは
「歯科治療に対する知識や技術が足りないから、
私のの歯科医院には患者さんが少ない」です。

 
次に考えることは、「私の歯科医院は建物も古いし、
設備も古いから患者さんが少ない」です。

 
でも、考えてみてください。

 
新規開業した歯科医院には大勢患者さんがいるでしょうか?

 
知識や技術があるかどうかなんて、患者さんにわかる
のでしょうか?

 
実は、建物や設備が古いとか、
先生の知識が豊富だとか技術がすごいは、
患者さんの数にあまり関係ありません。

 
大事なのは、患者さんとの関係性です。

 

費用対効果バツグンのニュースレター

 

私たち歯科医院の売上は、一度おつき合いいただいた
患者さんと継続しておつき合いすることによって
安定します。

 

つまり、業績の良い歯科医院とは、
患者さんとの関係づくりがうまい歯科医院なのです。

 
言い換えると、 「主訴となる治療が終わった後も、
定期的に継続しておつき合いできる」
患者さんがほとんどだということです。

 
これに対し、 厳しい経営を続けている歯科医院では
「主訴である治療が終了すると、それ以降のおつき合いも
終わってしまう」という特徴があります。

 
そのため、新規の患者さんは来院するのですが、
一回限りのおつき合いで終わってしまうので、
常に新規の患者さんを探し続けなければなりません。

 
これはとても効率の悪い経営方法です。

 
では、どうすれば一回限りのおつき合いで終わることなく、
継続したおつき合いを続けることができるのでしょうか。

 
それにはいったん治療が終わったとしても、
継続したおつき合いを歯科医院側から行うことです。

 
それをニュースレターというコミュニケーションツール
使って行います。

 
ニュースレターはあなたから患者さんに情報を発信する
ツールです。

 
私の会員でも業績の良い歯科医院は、
みなニュースレターを発行しています。

 
「ニュースレターがどんなものかわからない」
というのであれば、ネットで検索して調べてみることをおすすめします。

 
無料で提供しているひな型もありますから、
使えるものはどんどん活用していきましょう。

 
当会でも無料でひな型を提供していますので、
ぜひご活用ください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼日本歯科インプラント普及協会”無料会員”の申込みはこちらから
http://implant-net.org/freeentry/
ニュースレター無料DVDあと残り 31部

▼ゴールド会員に関心のある方はこちらから
http://implant-net.org/member/gold/

▼日本歯科インプラント普及協会普及協会 公式サイト

http://implant-net.org/index.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【当協会のビジョン】

100年後も歯科医業を光り輝く職業にする

 
【当協会のミッション】

売上1億円、1年間に100本以上のインプラントを
成約できる歯科医院を100件つくる!

 
【こんな歯科医院は当協会に参加してください】

★自由診療をもっと増やしたい歯科医院
★カウンセリングで何を話していいのかわからない歯科医院
★TCを育て、患者さんとのコミュニケーションをもっと深めていきたい歯科医院
★売上が頭打ちで何をしていいのかわからない歯科医院

 

        売上1億円歯科医院プロデューサー
     日本歯科インプラント普及協会
代表 名古屋 肇

 

※ 日本歯科インプラント普及協会へのお問い合わせはこちらから

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*