歯科医院は返済義務のない助成金を有効に活用しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s

売上1億円歯科医院プロデューサーの名古屋です。

今年2月あるコンサルタントから助言をいただき、
歯科医院が受給可能な”助成金”について調べてきました。

助成金とは”返済義務のない”国が行っている企業への支援金です。

受給するための要件が満たされれば、どの歯科医院も受給が可能です。

国が企業に向け助成金を給付する目的は、
労働者の職業を安定させるために、失業の予防、雇用機会の増大、雇用状態の是正、
労働者の能力開発等を図ることにあります。

「現在、日本経済は回復の兆しがみられる」などと、
政府は必死でアナウンスしています。

ところが・・・

10年後の企業の生存率

現状はは中小企業が10年後に生き残れる確率6.3%
20年後は0.3%30年後は0.025%と言われていることを
ご存じでしょうか?

それだけ企業を存続させるには
厳しい状況だ続いているということなんですよね。。

これには歯科医院も例外ではありません。

この現状を回避させるために、
国が行っている企業支援の施策の1つに助成金制度があります。

 

助成金は無税、100%利益

受給すれば返済義務なくもらえることができる助成金ですが、
何の条件もなくもらえるというものではありません。

企業で働く労働者の能力を向上し、
それが雇用機会の増大、雇用状態の是正、失業防止につなげ、
その結果として「労働者の職業を安定させるための支援金」
だと理解してください。

言い換えると、
助成金とは「スタッフの能力アップを支援するためのお金」
ということになります。

ですから、スタッフの能力をアップするための研修費用を援助して、
歯科医院の業績をバックアップするというのが助成金の概要です。

ここで知っておいてほしいのは、
助成金の財源は「雇用保険料」だということです。

そのため、雇用保険に加入している歯科医院
でなけれ申請もできません。

ですが、雇用保険に加入しているのであれば、
要件を満たし、どんどん申請すべきだと思います。

繰り返しますが、
助成金は受給できれば返済する必要がないのです!

助成金について調べていく中で、
歯科医院が申請可能な助成金には「どんなものがあるのか?」
もわかってきました。

6月からは社労士さんをお招きして
助成金セミナーも開催しています。

もうすぐ、そのレポートも完成します。

助成金について関心がある先生は、
ぜひこのレポートを参考にしてほしいと思っています。。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼日本歯科インプラント普及協会”無料会員”の申込みはこちらから
http://implant-net.org/freeentry/
ニュースレター無料DVDあと残り 31部

▼ゴールド会員に関心のある方はこちらから
http://implant-net.org/member/gold/

▼日本歯科インプラント普及協会普及協会 公式サイト

http://implant-net.org/index.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【当協会のビジョン】

100年後も歯科医業を光り輝く職業にする
【当協会のミッション】

売上1億円、1年間に100本以上のインプラントを
成約できる歯科医院を100件つくる!
【こんな歯科医院は当協会に参加してください】

★自費診療をもっと増やしたい歯科医院
★カウンセリングで何を話していいのかわからない歯科医院
★TCを育て、患者さんとのコミュニケーションをもっと深めていきたい歯科医院
★売上が頭打ちで何をしていいのかわからない歯科医院

 

 売上1億円歯科医院プロデューサー
 日本歯科インプラント普及協会

代表 名古屋 肇

 

※ 日本歯科インプラント普及協会へのお問い合わせはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*