3つの要素を改善すれば歯科医院の売上はすぐに上がる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3845ca83bede79c6e657449cbfe7cb05_s

売上1億円歯科医院プロデューサーの名古屋です。

昨日の電話相談は、
「売上をあげるにはどうすればいいでしょう?」
というものでした。

私はその先生に、
「今取り組んでいることを教えてください」
と質問すると、

「ホームページを業者に修正してもらっている」
とのことでした。

その答えを聞いて、私はさらに質問を続けました。
「それは何のためですか?」

この問いに対しての答えは「・・・・」でした。

 

なぜ、私がこんな質問をするのかというと、
行動には必ず目的を明確にする必要があります。

この目的を達成するために、
この行動をするという感じです。

 

売上に決める3つの要素

 

売上を上げるには「3つの要素」
を改善することが必要です。

逆にいうと、次の3つの要素を改善すれば
売上はあげられるということです。

 

3つの要素とは、次の3つです。

「患者数」「診療単価」「来院回数」

 

何度か紹介したことがあるので、
既にご存知の方も多いと思います。

 

歯科医院の売上は次の方程式ではじき出されます。

歯科医院の売上=患者数×診療単価×来院回数

 

この3つの要素を改善することができれば、
売上をあげることができるわけです。

昨日の相談者である先生が言っていた、
ホームページを改善しているという行動は、
「患者数」を改善するためのものです。

ここで勘違いしないでいただきたいのは、
「患者数」を増やす行動はホームページを作ること
だけではないということです。

 

先に示した3つ要素のうち、
患者数はさらに次のように分解することができます。

患者数=既存患者数+新規患者+来なくなった患者

 

この中でホームページから来院することを
期待する患者は「新規患者」です。

でも、ホームページを改善しても
新規患者が来院する保証はありません。

 

簡単でお金がかからない増患法

 

患者数を確実に増やす一番簡単な方法は
以前に来院したことがある患者さんで
暫く来ていない患者さんをもう一度来院させることです。

一度来院した患者さんですから、
名前と住所、電話番号はわかっています。

ですから、歯科医院側から連絡することできます。

 

でも、ホームページから来院する人を待つのは
相手が誰かわからないので、
歯科医院側から連絡することができません。

ということは、歯科医院側から働きかける行動が
何もできないということです。

 

それであれば、
一度は来院していた患者さんで暫く来院していない
患者さんに定期検診のお誘いの連絡をしたほうが
効果的です。

たったこれだけで売上方程式の要素を
増やすことができるわけですから、
これは明日からすぐにできる行動です。

 

以前に紹介した仙台の歯科医院は、
この方法で前年度の納税額の4倍を支払うほど
売上があがりました。

 

売上アップなんて視点をかえれば、
簡単にできることがたくさんあります。

しかも速攻性があります。

まずはお金をかけずにできることがないか
売上方程式をじっくりながめてみてください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼日本歯科インプラント普及協会”無料会員”の申込みはこちらから
http://implant-net.org/freeentry/
ニュースレター無料DVDあと残り 31部

▼ゴールド会員に関心のある方はこちらから
http://implant-net.org/member/gold/

▼日本歯科インプラント普及協会普及協会 公式サイト
http://implant-net.org/index.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【当協会のビジョン】

100年後も歯科医業を光り輝く職業にする

【当協会のミッション】

売上1億円、1年間に100本以上のインプラントを
成約できる歯科医院を100件つくる!

【こんな歯科医院は当協会に参加してください】

★自由診療をもっと増やしたい歯科医院
★カウンセリングで何を話していいのかわからない歯科医院
★TCを育て、患者さんとのコミュニケーションをもっと深めていきたい歯科医院
★売上が頭打ちで何をしていいのかわからない歯科医院

 

売上1億円歯科医院プロデューサー

     日本歯科インプラント普及協会
代表 名古屋 肇

 

※ 日本歯科インプラント普及協会へのお問い合わせはこちらから

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*