増患するために何よりも優先させるべきこととは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
d4696eded0ed05ae33198a9f439dc05e_s

売上1億円歯科医院プロデューサーの名古屋です。

患者数は、一般的に
「既存患者」+「新規患者」―「Sleep患者」
の式で表すことができます。

患者が少ないと言われる歯科医院では、
「新規患者」の数よりも「Sleep患者」の数が多いので、
全体的に患者数が少なくなっているのです。

逆にいうと、
「Sleep患者」が多い歯科医院では、新規患者獲得に力を入れるよりも
既存患者を維持することに注力しなければいけません。

いくら新規が増えても、
Sleep患者の数がそれを上回っていたのでは、
ザルで水をすくうようなものだからです。

既存患者を維持する最良の方法とは…

増患するために何よりも優先させるべきことは

多くの歯科医院が犯している致命的なミスは、
間違ったことに「愛着」を持っていることです。

間違った「愛着」とは、先生がこだわっている治療法やサービス、
使用している機材などです。

本来、愛着を持つべき相手は、患者さんです。

患者さんに愛着を持つということは、
すなわち、患者さんの「生活の質」を高めるということです。

患者さんの「生活の質」を高めることこそ、
何より優先させるべきなのです。

 

次に示す2つの意見は私が電話相談でよく耳にします。

「私は毎週セミナーに参加して最新治療を患者さんに提供しています」

「当院は最新の設備、機材を導入し、最先端の治療を心がけています」

 

新しい治療の知識を得たり、最新の機材を導入することはとても重要です。

でも、この意見の中心は、「知識」や「機材」であり、患者さんではありません

 

本来、歯科医が考えるべきことは、

「患者さんの生活の質を高めるために何を提供することができるだろう?」

「患者さんの生活の質を高め続けるために何を提供することができるだろう?」

この2つの疑問は、歯科医院経営上の戦略や戦術と
いったものとは何の関係もありません。

 

私たち歯科医師が提供する価値が、
患者さんにもたらす利益にすべてがかかっているのです。

あなたが患者さんに価値をもたらせばもたらすほど、
患者さんにとってだけではなく、
あなた自身にとても大きな価値が生まれます。

患者さんの生活の質を高め、
患者さんの人生を豊かなものにするために貢献すればするほど、
先生と患者さんとの結びつきは強くなります

そして、あなたの歯科医院は大きな成長を得ることになるのです。

 

治療の中心は常に人であるべき

 

患者さんとの絆を深めるためには、
あなたが強く気にかけているという事実をハッキリ伝えることが重要です。

「あなたが大切です。あなたの生活の質を高めること、
それがあなたの人生を豊かにすることにつなげることが
私の歯科医師としての使命です」

つまり、患者さんと長くおつき合いしていくためには、
患者さんの生活の質を高める「創造者」、
そして、価値の「貢献者」になることが求められるのです。

 

毎日の治療の中で、あなたの心の中心には患者さんが位置していますか?

知識や機材が中心になっていませんか?

 

既存患者価値を最大限に引き出すには
こういった心のつき合いも重要になってくることを
忘れないでください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼日本歯科インプラント普及協会”無料会員”の申込みはこちらから

http://implant-net.org/freeentry/

ニュースレター無料DVDあと残り 31部

▼ゴールド会員に関心のある方はこちらから

http://implant-net.org/member/gold/

▼日本歯科インプラント普及協会普及協会 公式サイト

http://implant-net.org/index.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【当協会のビジョン】

100年後も歯科医業を光り輝く職業にする

【当協会のミッション】

売上1億円、1年間に100本以上のインプラントを
成約できる歯科医院を100件つくる!

【こんな歯科医院は当協会に参加してください】

★自由診療をもっと増やしたい歯科医院
★カウンセリングで何を話していいのかわからない歯科医院
★TCを育て、患者さんとのコミュニケーションをもっと深めていきたい歯科医院
★売上が頭打ちで何をしていいのかわからない歯科医院

 

売上1億円歯科医院プロデューサー

日本歯科インプラント普及協会

代表 名古屋 肇

 

※ 日本歯科インプラント普及協会へのお問い合わせはこちらから

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*